カスタニアの小さな実

a0248797_5472174.jpg

うちのガレージの向かいの家の横に立つカスタニアの木。

カスタニアっていうのは、日本名で西洋トチの木といって、
秋になるとたくさん実が落ちるのでムスメはそれを楽しみにしています。
見た目は栗みたいだから、最初はわーー☆って思うんですよね。
食べられないけど、秋のデコレーションに使ったり子供のおもちゃになります。
以前に書いたカスタニアの記事は こちら☆

この木は3階建ての屋根の超えそうだけど、カスタニアにしては小さめかも。
でもこれ、少し隣のおうちやベランダのほうに伸びすぎたせいか、
去年のいつだったかにかなりすっきりと枝を切り落としてしまったのです。
だから今年はたくさん実がつくのか、ちょっと気がかり。

と思って見あげてみると・・・

a0248797_542473.jpg

わわっ♪

もうたくさんの小さな実がついてる。
とげどげもついててかわいい。

カスタニアの実がこんな風だなんて初めて知りました。
今まで早く秋が来ないかな~って待ってただけでしたから。

春にいっぱい花が咲いていたし、これだけ小さな実がついているから
今年もたくさんカスタニア拾いが出来そうかな♪



今日も訪問ありがとうございます♪
最後にポチっとお願いします↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
[PR]
Commented by meilingscrap at 2014-06-20 05:58
カスタニアの実、可愛いですね!周りのとげとげがまるでみどりのまっくろくろスケみたい(笑)中身が食べられればいいのに、食べられないのですね。秋になって拾うのを、ムスメちゃんムスコくん、楽しみにしているんでしょうね~♪
Commented by nanohana55 at 2014-06-21 05:12
ミッシュさん
ちいさくてかわいい!って思ってブログに載せちゃいました。
ちくちくして痛そうです。
これがどんどん大きくなって、秋になると上から落ちてくるので本当に危険なんですよ~。
カスタニア拾いは秋の楽しみのひとつです☆
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by nanohana55 | 2014-06-20 05:49 | ドイツ暮らし | Comments(2)