つらら

a0248797_05585847.jpg

先週降った雪。
日陰や芝生にはまだまだ残っています。
雪だるまを作れるほどではないけれど。

子供たちはもう雪遊びに飽きたのか、雪が足りないのか、
もう外では遊びたくないと言ってます。
だよな~。わかる。寒いもんね。

そんな2人がここ何日か楽しんでいるのがつららの溶け具合観察。

学校&幼稚園が終わって一緒に歩いて帰るのですが、
途中でつららを見つけては(たいがい車の下をのぞくとぶら下がってる)
それを持ち帰り、グラスに入れて溶けるまで見てるという。
なーんてことないのですが楽しそうな様子にほのぼのしております。


余談。
朝にみつけて幼稚園につららを持っていった日があるのですが
(この時もコップに入れてグループのみんなで観察?したらしい)
先生に向かって「つらら!つらら!」って言ってたので
やっぱりまだまだ幼稚園で日本語を発しまくってるようです。
分からないととりあえず日本語で通すのはムスメにはなかったのですが
堂々と日本語で言えるってのもすごいなと思ったりします。
その後ムスメにつららのドイツ語を教えてもらって、
それをすぐに覚えて使うということにも驚きと感心。
子供は覚えるの、本当に早いです。



今日も訪問ありがとうございます♪
ブログランキングに参加しています。
最後にこちら↓をぽちっ!ぽちっとしていただけたら嬉しいです。


[PR]
Commented by happa126 at 2016-01-23 17:24
子供たちってどんなことも遊びに変えてしまうし、
つららを溶かすのも理科の実験みたいで楽しそうですね。
そんな柔軟性と吸収力のある頭がほしいものです。
Commented by nanohana55 at 2016-01-24 05:32
はっぱさん
つららのドイツ語、私も一緒に聞いたのですが(聞いてたはずなのに)
ムスコはすぐ覚え、私は何度も聞き直しです。もうその差は歴然(^^;
このあと雪が固まって出来た大きな氷を持って帰ろうとしたりするので
それは諦めてもらいました・・・。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by nanohana55 | 2016-01-23 06:24 | ドイツ暮らし | Comments(2)