村の図書館の会員になる


a0248797_05393467.jpg

ムスメが最近、よく本を読むようになりました。
ドイツ語でも、日本語でも。
そしてあの本買って~ってのも多くなり。

日本語の本は割とたくさん持っているほうだと思います。
ドイツ語の本、となると、50冊くらいでしょうか、全部で。

少し前の話になりますが、知り合いのドイツ人ママから電話があり、
子供たち(女の子2人で4年生と7年生)が読まなくなった本が
たくさんあるから欲しかったらあげるよと。
そしたらまあーーー!何冊あるの!!ってくらい本の山です。
全部はもらえないので(量的にね)30冊くらい、ムスメに選ばせて。
ありがたいありがたい。

で、残ったその100冊以上の本、どうしたかといいますと、
「明日は古紙の回収日だから」ってごみ箱へ・・・もったいないな~。
でも仕方ない。

「この本なんて先週買ったばかりなのよ、1回読んで終わりなの。」
ってのがインパクト強くって、本はたくさん読んでもらいたいけど
どんどん買っていくってのもどうかと。

ということで少し前から考えていた、村の図書館へ。
満17歳になるまでは子供料金で、入会金のみ、3ユーロ。
年間費などはなし。大人は6ユーロだったか。
DVDやCDなども借りたかったら別途料金が発生します。
貸出冊数の限度は無いけど、期間は3週間、延長する場合は手続き要。
それを忘れたら延滞料金発生です。


村の規模からして図書館もさぞかし小さいだろうなと思ってたけど、
十分な量だったと思います。
まずはあそこの本をどんどん読みなさいな。

ムスメは今、真ん中のシリーズがお気に入りで、
買って~って言われてたもの。何冊もあったよね。
女の子と、人間の言葉がわかる動物の物語シリーズです。
あ、私は読んでない、後ろの説明を少し読んだだけですが汗。




今日も訪問ありがとうございます♪
ブログランキングに参加しています。
最後にこちら↓をぽちっ!ぽちっとしていただけたら嬉しいです。


[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by nanohana55 | 2016-11-25 05:56 | ドイツ暮らし | Comments(0)

南ドイツの小さな村でのんびり暮らす日本人家族。 ムスメ、ムスコ、オットとの4人暮らし。ここでの毎日、ドイツネタ、育児、食べ物、気づいたことなどを綴っています。


by nanohana
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30