2017年 05月 14日 ( 1 )

シーラントをする


a0248797_04371573.jpg

先日の半年毎の歯科検診で、ムスメが勧められたのがこれです。
Fissurenversiegerung、調べてみるとシーラントのことみたい。

ムスメは9歳になったばかり。
たしか7歳になったころに6歳臼歯とか第一大臼歯と呼ばれる、
乳歯の奥に生えてくる永久歯が生えそろい、
その頃から週に1度のフッ素ジェルを塗っています(時々忘れるけど)。


説明を受けて最初は何のことかさっぱりわからず、
反応が鈍かったので先生が分かりやすい資料があるんだよって
出してくれてきたのが上の写真(いや、この時もよくわかってなかった)。

帰って調べて、ああなるほど。
そういえば同じ歯科に通っているクラスの友達が
いつだったか処置したって言ってたのがきっとこれだな、と合点!

特にこの6歳臼歯は虫歯になりやすいらしく、
歯磨きを念入りにしてもどうしても届ききらない溝の部分を
樹脂で埋める・覆うことにより虫歯を予防する効果があります。
私も確か、最初の虫歯は6歳臼歯だったような記憶が。

奥歯の4本、処置は約30分。
痛みは全く無かったらしいのですが、掃除したり埋め込んだり、
光を当てたりといくつもの器具を口に入れられて大変そうでした。
そう考えるとあまり年齢が低いと処置が難しくなるのかもしれません。
あとうちの場合はドイツ語が理解できるようになってるってのもあるな。
歯の状態と年齢を見ての判断・推奨だったのかなと思います。
日本では一般的なのでしょうかね?
ドイツでもその友達から以外は聞いたことなんですけど・・・
またママ友に聞いてみよう。

効果のほどは年単位だそうですが当然差があるようなので
定期健診の度に状態をチェックして随時対応していくとのことです。

今のところはムスメもムスコも虫歯無し。
私が本当に苦労しているので(大人になって)親の責任として
しっかりケアをしていかなければと思っています。




今日も訪問ありがとうございます♪
ブログランキングに参加しています。
最後にこちら↓をぽちっ!ぽちっとしていただけたら嬉しいです。


[PR]
by nanohana55 | 2017-05-14 05:00 | ドイツで育児 | Comments(3)