Regenbogen★虹色日記  nanohana55.exblog.jp

南ドイツの小さな村でのんびり暮らす日本人家族。 ムスメ、ムスコ、オットとの4人暮らし。ここでの毎日、ドイツネタ、育児、食べ物、気づいたことなどを綴っています。


by nanohana
プロフィールを見る

ギムナジウムのオープンデー


a0248797_04584245.jpg

ムスメはドイツ現地校4年生。
小学校は4年間なので
夏休み明けの9月から
(この州の場合です)
次の学校へ通います。
これは中高一貫校みたいな感じ。


これまで3回、
近隣の学校のオープンデーに
足を運びました。


会場に着くと
上級生が入り口で待っていて
グループ分けのために
カードなどを渡してくれます。
写真の時は、
紐の色でグループ分け。
1グループ15~20人くらい、
6グループでした。

最初の校長挨拶、
生徒代表挨拶などのあと、
子供たちはグループごとに
引率の先生と上級生に連れられ
学校の案内ツアーへ。

保護者はさらに詳しく
学校方針やら行事、
履修プログラム、
クラブ活動などの説明、
+質疑応答。
その後は保護者向けの
学校案内ツアー。

教室や特別室、
クラブの活動や取り組み、
展示物や発表を見て回り、
随時質問も受け付け。

最後は食堂へ行き、
コーヒーやケーキを買って
友達と一緒に
意見交換したり、
というパターンでした。


1校目のときは
こんなもんかんかね~??
と、よくわからないというか
何とも言いようが無いというのが
感想でしたが、
3回終えてみると
それぞれ特色があって
違うもんだなあと思いました。

子供たちは雰囲気を感じる、
建物や教室の様子を見る、
ということで終わってしまうので
(トイレが汚い、とかね)
実際にその学校が
どのようなシステムか、
何に力を入れているか、
といったようなことは
親が子供に説明する必要が
あると思います。

あとは通いやすさ、
友達が行くか(これも重要かと)
学校周辺の環境、
なども考慮に入れる必要も
あるかなと感じました。


先週金曜日がこの辺りでは
最後のオープンデーで、
今週、水木が申し込み。
なので週末はママ同士で
what's up(LINEのようなもの)が
飛び交ってました。
どこ行くか決めた~??ってね。


悩んで悩んで。
ムスメの希望校も決まりました!






にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ





[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by nanohana55 | 2018-03-20 05:28 | ギムナジウム | Comments(0)